坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛原因と対策

坐骨神経痛とは、お尻やふともも、ふくらはぎなどの筋肉がつる、傷むなどの症状の事を
指しています。

お尻が痛い、太ももや足がしびれる、突っ張るなどの症状はありませんか?

もしかしたら、坐骨神経痛かもしれません。

ここでは原因と対策について詳しく説明します。

この記事の目次


坐骨神経痛の定義

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の症状の現れ方

坐骨神経痛の定義

坐骨神経とは脊髄から枝分かれして下肢に伸びる神経で、下肢の知覚や運動をつかさどっています。

坐骨神経は人体の中で最も太くて長い神経です。

脊髄から枝分かれした神経は椎間孔という穴から出て、坐骨神経を構成します。

腰からお尻、太ももの後ろ側を通り、枝分かれしながら足先までつながっています。

神経根が何らかの病変によって圧迫されると、お尻や太ももの後ろ側に痛み、突っ張り、しびれなどが出現します。

これを「坐骨神経痛」と呼びます。





坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は病名ではなく症状のことです。

原因の一つに椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症があります。

お尻の筋肉によって坐骨神経が圧迫される梨状筋症候も原因の一つです。

他にも、骨盤や仙骨、背骨の歪みも坐骨神経痛の原因になります。

股関節からくる痛みと、坐骨神経痛は間違えやすいので、注意が必要です。


坐骨神経痛の症状の現れ方

坐骨神経は第4腰椎の下側から仙骨までの5対の椎間孔から出て、下肢へ伸びています。

症状は、神経に沿って現れるため、どの神経根が障害されているかによって、症状の現れる部位が異なります。

第4腰椎と第5腰椎の間の神経根が圧迫されると、お尻、太ももの裏側から、外側
すねの内側、足の親指の内側と続く部分に症状が現れます。

第5腰椎と仙骨の間の神経根が圧迫されると、お尻太ももの裏側、すねの外側から前側、足の甲
親指~第4指に症状が現れます。


大阪府浪速区IZATO整体院  院長  猪里理世

予約の空き状況を見る

 0721-26-8835

 

脊柱管狭窄症

骨(脊柱)は椎骨という骨が積み重なって出来ています。

 椎骨は、前側(腹側)の円柱状の「椎体」と、後ろ側(背中側)の棘突起などの突起部をもつ「椎弓」という部分で構成されます。

この椎体と椎弓の間には「椎孔」という孔が空いていて、椎骨が積み重なることによって管状の空間が出来ます。

これが「脊柱管」です。脊柱管の中には脊髄・馬尾・神経根が通っていて、枝分かれした体の各部へと伸びています。

この脊柱管が加齢に伴って起こる腰椎・椎間板の変形やすべり(椎骨のズレ)によって狭くなることが原因で起こります。

また、生まれつき脊柱管が狭いことも原因となります。

神経の栄養動脈がうまく流れないために腰痛・痺れなどの様々な症状が現れた状態が「脊柱管狭窄症」です。


代表的な症状

間欠跛行(かんけつはこう)…少し歩くと脚が痛くなったり、痺れや脱力感が起こって歩けなくなるが、しゃがむか座って少し休むとまた歩けるようになる症状。

※歩ける持続時間は脊柱管狭窄の程度によって違う。軽症の場合10分程度、重症の場合は1~2分歩くのが精いっぱいですぐに痛みや痺れで歩けなくなってしまう。

前かがみになると症状が楽になる(反らすと痛みが悪化する)…椅子に座る・自転車をこぐ・杖をつくなど

●腰痛
●下肢痛
●坐骨神経痛

※間欠跛行は閉塞性動脈硬化症の場合でも出ます。

※坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアの場合でも出ます。

神経根型

神経の根元が圧迫されるタイプ
…圧迫されてる側の腰から下肢にかけて痛みや痺れの症状が出る。腰部脊椎症や脊椎分離すべり症があると起こりやすい

馬 尾 型 

 腰椎の最上部から下の脊柱管を通る馬尾と呼ばれる神経の束が圧迫されるタイプ
…両脚の痺れや麻痺が広範囲に及び、下肢の脱力感も見られる。変性すべり症があると起こりやすい

混 合 型

神経根と馬尾の両方が圧迫されるタイプ

カイロプラクティック施術やストレッチも効果があります。

IZATO整体院・大阪なんば店


大阪市内 河内長野、難波・心斎橋、梅田などの大阪市内からもご来店いただいております