頭痛・眼精疲労

頭痛・眼精疲労

頭痛、眼精疲労の原因と対策

頭痛があると辛いですよね。
ズキズキして仕事に集中出来ない。
頭が重くて、なにもする気が起こらない、、、・
なんとかしたいけれど、薬を飲むのは抵抗がある、、、そんなあなたも、頭痛の原因
を知って、しっかり対策すれば、症状を軽くすることが出来ますよ。

また頭痛からくる眼精疲労も、軽くすることが出来ます。

頭痛、眼精疲労の原因と対策

頭痛には様々な原因があります。

中には深刻な病気が原因で起こる頭痛もありますので、頭痛以外にも気になる
症状があれば、メディカルドクターにご相談くださいね。

肩こりなど筋肉の緊張から起こる頭痛を緊張性頭痛などは、自宅ケアやカイロプラクティックなどの民間療法で治すことが出来ます。

ここでは頭痛の種類、原因、対処法ついて詳しくお伝えします。

 
 
         目次

頭痛の種類

頭痛の原因

頭痛の治療方法

頭痛の時の自宅ケア

頭痛の時の注意点

頭痛を引き起こす病気

頭痛が楽になる頭蓋骨矯正


頭痛の種類

頭痛は大きく分けると2つの原因に分けることが出来ます。

一つは病気で起こる頭痛

もう一つは病気ではない頭痛です。

病気ではない頭痛にも2種類あります。

1 筋肉や、関節の緊張、拘縮によって血流が悪くなって起こる緊張性頭痛

2 頭の血管が拡張しすぎるとおこる偏頭痛。ズキズキとした拍動片側に
  現れることが多いのが特徴です。

まずは自分の頭痛の原因とタイプを知ってください。

頭痛の原因

頭痛には大きく分けて病的なもの、病的でないものがあります。

病気ではないものに、緊張性頭痛や偏頭痛のように筋肉の緊張やストレス、精神的疲労によっておこるものがあります、

病的なものには脳の異常などがあります。

未病と、病気の判別をするのは難しく、放置するのは危険です。


パソコン作業など目を使うことが多い

 後頭部やこめかみが痛くなる

 目、眼の奥が疲れる、痛い

 耳鳴りがする

 頭痛が酷く、吐き気がある

 腕が挙がらない、挙げるのが痛い

 頭痛の頻度が高く、痛み止めをよく飲む

 暖めたりほぐすと余計にズキンズキンする


上記のような症状のある方は、放置せず、専門家にご相談くださいね。

筋肉の緊張や血管の拡張によって起こる、慢性的な頭痛の可能あります。

 

頭痛を引き起こす病気


※脳内血管の異常やガンによる頭痛の場合もあります。


●急激な頭痛、異常な激痛・

●片目が見えなくなる

●ものが二重に見える

●転倒しやすくなる

●片側の麻痺やしびれ(顔、手足)・

●ろれつが回らない

●言葉が出ない

●言う事が理解できない

上記の症状や、言語障害、失語症、運動障害感覚障害の異常がある場合は、まず専門の医師にご相談ください。

頭痛が楽になる頭蓋骨矯正

まれに、病気で頭痛が起こることもあります。

しかし、ほとんどの頭痛は肩や首、頭の筋肉や関節が異常緊張をおこして、血流が悪くなったり、
逆に血管が拡張し過ぎて、痛みを引き起こすのです。

特に、眼精疲労、頭痛には頭蓋骨矯正(オステオパシー)が効果が高く、しょっちゅう痛み止めを飲まれてた方や、偏頭痛で苦しんでいた方は本当にラクになった…と実感されます。

実は私たちも偏頭痛持ちだったのですが今では頻度が激減しています。


頭蓋骨(クラニアル)は8つの頭骨と15の顔面骨、計23の骨から形成されています。

それらの骨は縫合と言われる、線維性連結構造を持ち硬くしっかりと結合されていて動かないとされていました。

近年それらの骨が極微量ではありますが、触診可能な頭蓋骨の動き、または律動があることが証明されてきました。

その微量な動きは大変重要で、動きが凝り固まると脳脊髄液の流れが悪くなり自律神経症状(イライラや不眠など)、頭痛、偏頭痛、慢性的な肩こりなどの症状に悩まされる原因となる事もわかっています。
[file1b]
クラニアル(頭蓋骨)矯正は、その固まってしまった微量な動きを一つ一つ緩めていく治療になります。

頭蓋骨を覆う硬膜は強い力には反発しますが、弱く持続した力には緩んでいくので、ただ触っているだけ?のような動き(矯正)です。

とても気持ちが良く、また副交感神経に働きかけるので、施術の途中で寝てしまう方も多いのですね。

頭痛や肩こり、顎関節症にも効果があります。

施術が全て終わった頃には頭がスッキリして軽くなるのを実感できますよ^^