産後骨盤矯正

産後骨盤矯正

大阪で、妊娠中や、産後の腰痛で悩むママたちを応援しています。

こんにちは、猪里理世です。
産後のママのための、骨盤の歪みや腰痛を楽にする施術をしています。

産後うつや腰痛、骨盤の歪みでお悩みではありませんか?

産後は、出産に伴い、ホルモンが変調するので、精神状態が不安定になりやすいのです。

また出産を終えた骨盤は大きな負担がかかるため、腰痛になるケースもあります。
 


情報が氾濫する中、産後のケアをどうしていいいかわからないお母さんたちがいます。

例えば、産後の骨盤ベルトの締め方はそうしたらいいのか、

体操などで腰痛や、スタイルを、元に戻す方法はあるのか?

また、昨今流行りの産後矯正は必要なのか、

どこへ行っても同じ効果が得られるのか、、、

そんな、疑問や不安がおありの方も多いのですね。



私も副院長の村瀬も子供を持つ母親です。
 
かつて私は、妊娠中から腰痛に悩まされていましたが、今のように、妊婦さんを施術してくれる整体やカイロプラクティックなどはありませんでした。

そして、産後は、ホルモンの変調のため、精神的不安が強くなり、産後うつになってしまったのですね。

幸い、家族に助けられて、昨今問題となっている、自殺未遂のようなことにはなりませんでした。

しかし、産後も授乳による肩の痛みで、生活に支障が出てきました。

赤ちゃんが大きくなってくると、今度は骨盤が痛むようになって、育児も辛くなり、精神的にも肉体的にも、疲れていました。
 

出産という大仕事を終えた後の、女性の骨盤には大きな負担がかかります。
 
産後は、修復が追い付かず、骨盤の痛み、腰痛、肩こりなど様々な支障が出るケースがあります。
 
特に、働きながら子育てをしているママは、育児に送り迎え、仕事と、一日中動き回っているため、腰痛が徐々に悪化するパターンも多いのですね。
 
市内など都会のマンションでは、比較的若いママたちがいますが、郊外の住宅街では、少子化がどんどん進んで、若いお母さんたちが、孤立しています。

相談相手がいない、身体も心も、辛い、若いお母さんたちを目の当たりにして、胸を痛めています。
 
そんな、お母さんたちに、身体も心も楽になっていただきたいと願い、日々勉強をしています。

身体をケアすることで、楽になってもらって、笑顔になっていただきたいのです。

しかし、身体をケアするだけでは、本当の意味での産後ケアは出来ないと考えています。

そこで、数年前から心理学や哲学、カウウセラーの勉強をして、お母さんたちのお悩みを聞かせてもらっているのですね。

子育て経験者だからこそ、共感できることもありますし、女性特有のお悩みも相談していただけます。

私は、妊娠中の身体のケア、産後の身体を正しい方法で行うことで、妊婦さんや産後ママを応援したいのです。

腰痛や、骨盤の歪み、産後うつにお悩みのお母さん、私たちがいつでも、応援していますよ。

大阪難波の産後矯正IZATO整体院
 

 
 

大阪難波の産後矯正 矯正の時期

産後の矯正はスタイルアップ、腰痛の予防などいいことがたくさんあります。

産後1ヶ月くらいでいらしてください。

産後はゆっくりと体を休めて安静に過ごし、体力を回復させてください。


すぐにガードルなどでお腹を締めつけると骨盤内にある直腸や子宮や膀胱

が圧迫されて身体に不調がおこるおそれが あります。



産後6ヶ月経つと骨盤は閉じてしまうので産後4ヶ月までに施術を受けるのが良いでしょう。

SOT(ソフトカイロ)は身体にやさしく骨盤がしっかりしてきますので
身体も楽になります。

骨盤を緩やかな力で締める施術を行いますので産後1ヶ月の方でも
安心してうけていただけます。

明るく楽しみながら子育てをしていくためにも、
産後の身体のケアをしっかりとしましょう!




 
 

大阪難波の産後矯正 どんな効果があるの?

産後骨盤矯正の効果

産後は骨盤がゆるむため腰痛が出やすくなります。

つらい腰痛が楽になり、子育てが楽になりますよ。

骨盤が正しい位置に戻ると、内臓も正常な位置で機能するので

疲れにくい体質に改善することが出来ます。

また、、骨盤周りの筋肉の血行が良くなります。



基礎代謝が上がり、痩せやすくなります。

血液やリンパの流れも良くなるので、肌も明るくなりキメが整います。

産後の身体の大きく変化する時期に骨盤矯正をすると産前よりも

健康的により美しくなることもできるのです。


 
 


拡大

産後の骨盤はなぜ歪むの?

まずは妊娠5~6ヶ月頃。 子宮は大きくなってくることで骨盤からせり出して徐々に骨盤上部が開き始めます。

出産時 陣痛が始まるとリラキシンというホルモンが大量に分泌されて、赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤下部が大きく広がるのです。

妊娠前に骨盤の歪みがあった方はあると戻りにくいと言われています。

また産後3ヶ月位までに姿勢が悪いなどでも戻りにくくなりす。

[file1b ]


骨盤が戻らないとどうなるの?

骨盤が正しい位置に戻らずに歪んだまま固定されてしまうと、骨盤周辺の筋肉は硬くなって、血流やリンパの流れが悪くなります。

新陳代謝が低下して、太りやすくなります。

さらにむくみやセルライト・肩こり・腰痛・頭痛の原因にもなります。

骨盤の歪み、背骨の歪みは内臓などにも影響を及ぼすことになり、婦人科系のトラブルなど
身体の不具合へと繋がるのです。
 

 
 


拡大

こんな症状にお悩みの方に最適


☑ 妊娠中の腰痛、背部痛
拡大


☑ 産前のズボン(パンツ)が履けない

☑ 産後体型(体重)が戻らない

☑ 産後の尿漏れがある

☑ 産後の骨盤痛、腰痛

☑ 尾骨・恥骨が痛い

☑ 股関節痛

 
妊婦さんは出産前から赤ちゃんを産むために骨盤を柔らかくするリラキシンというホルモンが出ます。

そのために骨盤が開きやすくなり、関節が緩くなるために腰痛や骨盤痛が起こりやすくなります。


特に、産後は骨盤が大きく開き股関節も緩むので、脂肪が付きやすくなります。

産後の骨盤をカイロプラクティックの技術で締めていくことで、腰痛や骨盤の開きを予防することができます。

当院では、アクチベータで全身の歪みを治し、SOTというソフトブロックを使った施術と頭蓋仙骨療法で骨盤、股関節を引き締めていきます。


妊娠中の腰痛について
 

IZATO の産後矯正はここが違う!

  産後の腰痛が楽になります。

   パンツがゆるくなります。

喜びのお声が続出。妊娠中の腰痛もおまかせください。

お腹が 大きくなっても大丈夫 。仰向けで施術します 。

安全性の高いSOT オステパシーの技術 を使います 。

産後の緩んだ骨盤をしっかり引き締めます。
 

産後 は仙腸関節 が緩み 腰痛 (骨盤痛 )が起こりやすく なります 。

骨盤 矯正 でしっかり と引き締めるとスタイルも戻りやすくなります 。

 

こんな方にオススメです 

産後の骨盤の広がりが心配

産後のスタイルも、しっかりケア

妊娠中から腰が痛い、

我慢しないで私たちにご相談ください。

妊娠中のカイロや整体はこわい経験12年のプロが施術します。

院長も副院長も女性で出産経験ありなので、なんでもご相談ください。

 


 

 

妊娠中の腰痛でお困りなら

妊娠中に腰を痛められ、出産後にかなりひどくなられてから来院されるケ-スが非常に多いことに気がつきました。

妊娠中の腰痛の原因としては、おなかが大きくなることによる力学的(腰のそりが強くなるため腰椎、骨盤にかかる負担が大きい)要因と、ホルモンによる影響が考えられます。

妊娠中や生理前には卵巣ホルモンの一種であるリラキシンというホルモンが分泌されています。

このホルモンは骨盤の筋肉や靭帯、恥骨結合(繊維軟骨)等をゆるめる作用があります。
出産時は赤ちゃんが産道をスム-ズに通れるよう、骨盤の関節をやわらかくするしてくれるのです。

このホルモンの影響で靭帯が過剰に緩んでしまい、関節は可動域が広がります。
特に仙腸関節は緩みすぎるとなかなか修復することは出来ません。
緩んでしまった関節をカバ―するため筋肉には過剰なストレスがかかり硬くなります。

体重が増え、力学的に腰のそりがきつくなるためさらに痛みは増します。

カイロプラクティックの治療ではうつぶせになることが多いこと、
妊婦さん自信がカイロの治療は怖いものという思い込みからなかなか妊娠中に
来院しようという方が少ない、というのが現状です。

カイロプラクティックの治療の中でSOTテクニックというのがありますが、
緩んでしまった仙腸関節をしめ、安定させる、抜群の効果があります。

当院では出産後にこの治療をうけられ腰痛が改善された方がたくさんおられます。

最大の利点は妊娠中おなかが大きくても、仰向けのままで治療ができること。
安全でソフトですので身体に負担がかかりません。

カイロの本場アメリカでは妊婦さんも子供も普通に受診されています。




 
 

妊婦さんの整体(カイロプラクティック)

産後矯正は認知度が上がってきたのでたくさんの方がされています。

でも妊婦さんのカイロプラクティック正直ご要望が少ないです。

妊娠中はお腹が大きくなっって腰がそってくるので痛みが出やすくなります。うちでは妊婦さんの施術も安全に行えますのでぜひご相談ください。

うちでは、お腹が大きくなってきた妊婦さんには、横向きや仰向けでの施術をさせていただきます。
 
 


拡大