肩こり

肩こり

頸椎ねんざ(むち打ち)

むち打ち症は「頸椎ねんざ」の一つで、骨や椎間板・靭帯には損傷を伴わず、検査によっても神経障害が見られないものを指します。
損傷がある場合はむち打ち症ではなく、頸椎脱臼や頸椎骨折などの頸椎損傷となり、別の病名になります。

≪原  因≫
多くが交通事故や転落事故、スポーツで激しくぶつかり合ったり転倒した際や、落下物がぶつかるなどの事故で起こります。
首が強く後ろに反り、次いで強く前屈するなどの衝撃が加わることで起こるのです。

≪症  状≫
首の痛み、頭痛

※急性期には頸椎カラーを装用して、首の保護と安静を保ちます。

※安静にしていれば2~3週間でよくなりますが、それ以上症状が続くときは精密検査が必要です。
 また、痺れや麻痺・感覚鈍麻などの神経症状が現れた場合も、すぐに検査を受ける必要があります。
 神経症状はけがをした直後には現れないこともあるので、症状が出たらその時点で直ちに受診しましょう。

※痛みが軽減されてきたら「首の筋力増強運動」を行い、首を支える筋力を鍛えます。

※子供の頃に頸椎のけがをしたことがある、頸椎の病気をもっている、脊柱管が狭いと診断されたことがある場合
 事故やケガがきっかけで、別の病気が起こっていることがあるため、より注意が必要となります

当院カイロプラクティックではこれらの症状を緩和させることが出来ますが
クリック(バキバキ)音を鳴らす整体、カイロでは悪化することがありますので
注意が必要です。