腰痛・坐骨神経痛

腰痛・坐骨神経痛

椎間板ヘルニアとは

人間の背骨(脊柱)は24個の骨(椎骨)が縦に重なって形成されており、椎骨と椎骨の間には「椎間板」とよばれる軟骨が存在します。
椎間板は中心部にゼリー状の「髄核」があり、周囲を「線維輪」という丈夫な組織が取り囲んでいます。

人間の背骨(脊柱)は24個の骨(椎骨)が縦に重なって形成されており、椎骨と椎骨の間には「椎間板」とよばれる軟骨が存在します。
椎間板は中心部にゼリー状の「髄核」があり、周囲を「線維輪」という丈夫な組織が取り囲んでいます。
そして、椎間板は背骨に加わる衝撃を緩和するクッションの役割を担っているのです。
この椎間板に強い圧力がかかって内圧が異常に高くなったり、加齢で椎間板が老化して髄核の水分が減少し弾力性が低下したり線維輪の弾力が低下することによって、線維輪が破れたりひび割れて、中心部の髄核が飛び出してしまうことがあります。
これが椎間板ヘルニアで、腰椎に起こるものを「腰椎椎間板ヘルニア」といいます。
飛び出した髄核や膨らんだ椎間板がすぐ後ろを通る神経根を圧迫することにより、激しい痛みや痺れなどの症状を起こすのです。
 

≪代表的な症状≫
●急性の激しい腰痛・片側の下肢痛(ヘルニアが巨大な場合、両側に症状が出ることもある)
坐骨神経痛…臀部から足への放散痛(ビリビリとした痛み) 、お尻、大腿後面、下腿外側や後ろ、足の甲の辺りまでの痺れや疼痛
●下肢の筋力低下
●感覚障害
●冷感
●重度の場合、排尿・排便機能の異常

※坐骨神経痛の症状は脊柱管狭窄症でも出ます
 

≪自覚症状≫
●立っているとすぐに辛くなる
●椅子に腰掛けていても、少しの時間(15分程度)で辛くなる
●30分以上歩くと腰が痛くなる・下肢に放散痛が出る
●前かがみの姿勢をとると痛みが強くなる(反らす方が楽)
●座った状態から立ち上がるのが辛い
●下肢に触ると感覚が鈍い
●足の親指を反り返す力が低下し、つま先立ちがしにくくなる
●膝を伸ばした状態での下肢の持ち上げが困難