肩こり

肩こり

頸肩腕症候群

肩こりは簡単にいうと、肩周辺の筋肉の疲労です。
肩をおおっている大きな筋肉 [僧帽筋] や [肩甲挙筋] などが常の緊張状態にあると、血管が圧迫され血流が悪くなり、乳酸がたまります。
さらに進むと神経が傷つき、発痛物質が生産され痛みとなります。
デスクワークや編み物、など同じ姿勢を長くとること筋肉はこわばります。なで肩の人、首が細い女性なども筋肉に負担がかかりやすいと言えます。
いわゆる肩こりは病気ではありませんが注意が必要なものもあります。
 

※注意が必要な症状

・ 痛みしびれが指や手にある。
・ 放散痛(痛みが走る感じ)がある
・ まひがある(感覚が鈍い)
・ 寝ていても痛い
・ いつまでも同じ場所が痛い

※しびれ、まひなどを伴うものは神経や脊髄の病気も考えられますので、念のため医療機関を受診してください。
      
上記症状は当院施術(カイロプラクティック)の適応範囲です。

 
 


整体